2020年現在のスマホは基本的なスペックの進化だけに留まらず、カメラ機能やオーディオの大幅な強化等、多機能で優れたスペックの物が登場しています 仕事においても重要な役割を担ってきており、制限はあるもののexcelやwordといったファイルの閲覧や編集をパソコンを使用する事が難しい状況でもチェックが出来る様になっています また連絡ツールとしてはlineといったアプリが登場し、メールと比較してより相手とのやり取りが手軽に出来る様になり、メールアドレスを打ち込む必要が無く、QRコードを読み込むだけで気軽に連絡先の交換が出来る様になっています 多機能なスマートフォンですがカメラの進化は特に著しく、近年ではカメラメーカーのレンズを採用する等して、非常に高画質の写真を撮る事が可能になっています このようなカメラを搭載したスマホが登場している影響で、近年ではスマホで撮影した写真の販売がOKとなっている写真販売サイトが登場してきています

写真販売というと、一眼レフやミラーレス一眼といったカメラを用意する必要があると思われがちですが、スマホのカメラの進化によって可能になってきています スマホのアプリには充実の機能を有した加工アプリが多数配信されており、有料のアプリではより本格的なカラーや明暗差の調整を行えるので、本格的な機材を用意せずに始める事が可能です また、スマホ自体にも一眼レフやミラーレスといった本格的な撮影で保存される「raw」という形式で保存できるものも登場し、より本格的な撮影に対応したスマホも発売されています 中でもSONYの「xperia」シリーズはSONYのミラーレス一眼「α」で培った技術や高性能レンズ採用する等、高級機種には盛り込んでいる為、本格的な撮影を可能にしているスマホです カメラよりも嵩張らずに高画質な写真を気軽に撮影できるとあって、評判の良いものとなっています

スマホの写真販売にはpixtaやsnapmartといった写真販売を行えるサイトを利用する事で始める事が可能です 撮影した写真の販売の際には手ブレや傾き等、細かな部分に注意して撮影します 撮影後には写真編集アプリを活用して色合いの修正や明るさの調整を施した後、写真が販売可能か審査を行う という流れとなります rawファイルで撮影を行うとファイルサイズが非常に大きくなりますが、細かな編集作業を施したい場合にはrawファイルで撮影し、後に修正を加える方が画質を低下させずに編集を行う事が可能です スマホカメラの画質が大幅に進化した事によって、気軽に販売する事が可能になっています アプリも充実しているので撮影から編集までスマホですべて完結するのも手軽に始めやすいです