Skip to content

バイナリーオプションで勝率をあげる方法とは?

方法とは俗に、「利益を上げるための技術」という事で使用される会話です。「バイナリーオプションで相当勝率が上がらない」「勝ち方がいまいち合点がいかない」という方は、キッチリと勝てる技術で取引をしていないだけです!バイナリーオプションで勝率を上げるためには、充分にと勝てる技術を学び、極める事が必須になります。今度は、「バイナリーオプションでの方法とは何か?」「なぜバイナリーオプションにテクニックが不可欠なのか?」「如何なる方法があるのか?」について克明に紹介していきます!バイナリイーオプションの裁量トレードをするときに、「Aという時価ステータスで、Bというテクニカル指標がCという反応をしたらエントリー」というように、エントリーキーポイントの前提付けが「技法」になります。方法とは通例、バイナリーオプション取引の戦略をたてると言う事で、バイナリーオプションで勝つためには必須必要です。よく、エキスパートトレーダーがチャート画面にふんだんにのインジケーターを表示いているのをよく見かけますよね?チャート画面にインジケーターを表示させている要因は、ローソク足とインジケーターの反応をみてロジックを構成する事で、エントリー見所を探しているからです。つまり、ちゃんとと戦略を練って、どの着眼点でエントリーをするのかを、方法をつかって明確にしているという事です。整理ますと、技術とはどの見所がエントリー着目点になるかを、テクニカル指標を使って要件付けをし、明確にする事を指します。ですので、エントリー着眼点がまだ不明確な方は、充分にと技術を確立する事が重要です。バイナリーオプションの技法は自らで仕上げるものなのでしょうか?結論から言うと解答は“自らでテクニックを製作する必須はないのです”です。バイナリーオプションで勝ちたいからといって、方法を1から研究して作っていたのではどんだけ時があっても足りません。

言うまでもなく自ら自分で技法を研究する事も価値があるですが、トレードを行うそもそもの目的は「利益を得る事」であり「研究をする事」ではないはずです。中にはチャート分析をして方法を研究する事が趣味で、バイナリーオプションで利益を得るのは二の次という人がいるかもしれませんが、あらかたの人は「稼ぎたい」という事がトップの目的だと考えます。では利益を出すためには如何にしたらいいのでしょうか?一秒でも早く勝てるようになるためには、有効な方法や実のところに稼いでいるトレーダーが使っている方法をどんどん自分のものにするべきです。採り上げるのはそのテクニックの種類を解説していますので、今後のトレードに役立ててください。

流れが出やすい時帯は、ヨーロッパ市場が開く「午後16時〜」です。業務終わりにバイナリーオプション取引をされている方にとっては、都合の良い時帯です。さらに、ニューヨーク市場が開く「午後21時〜」も趣向が出やすい時帯とされています。ですので、順張り手法を試すケースは、午後16時以降を狙って取引をしてください。
逆張り手法を行う事例はなるべく値動きのない、レンジ時価で行います。先ほどの趣向時価と違って時価が横ばいになっているのがわかります。逆張り手法で取引するときは「ここまで上がったら下がるだろう」「ここまで下がったら上がるだろう」という時価の過熱性を予見して取引します。
ただこれだけ見ても、どこでエントリーしたらいいのかわかりませんよね?ここで加えてインジケーターを使って分析すると、手間なくになるので表示させてみましょう。上下に点線が引かれているのがわかると考えますが、上の点線に2本の線が触れたら買われすぎ、下の点線に2本の線が触れたら売られすぎ、というように考慮します。例を挙げると、上の点線に2本の線が触れた後、白い線が黄色の線を上から下に突き抜けたら、Lowエントリーでエントリーします。ざっとエントリー秘訣になる要点に縦線を引きました。赤色の縦線がHighエントリーで、水色の縦線がLowエントリーです。ストキャスティクスはダマし(インジケーターのサイン通りに時価が動かない)が多々あるという弱点があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です